©Getty Images

パリオリンピック(パリ五輪)の男子バレーボールの組み合わせ抽選会が26日に行われ、予選ラウンドの組分けが決まった。

世界ランク2位でポット1に入った日本は、抽選の結果、アメリカ、アルゼンチン、ドイツと同じにグループCに入った。

同じ組に入った3カ国とはネーションズリーグの予選ラウンドでも対戦しており、互いにフルメンバーではないケースもあったが、日本は全勝している。

その他、グループAでは、開催国フランスがスロベニア、カナダ、セルビアと同居。グループBにはポーランド、イタリア、ブラジル、エジプトが入り、激戦必至の組となった。

パリ五輪の予選ラウンドでは、1回総当たりで対戦し、各組の上位2カ国と3位の中から成績上位2カ国が決勝トーナメントに進出する。